美容皮膚科とは何か?

18年05月02日 | | 美容皮膚科とは何か? はコメントを受け付けていません。

先生女性の雑誌・テレビCM・電車の中吊り広告でもよく見かけるのが「美容皮膚科」の広告です。最近、肌もハリがなくなってきてしまったし、シミやソバカスも気になるし、こういう美容皮膚科に行ってみようかしら!と考える女性も多いでしょう。

そもそも美容皮膚科とは、どのようなところなのでしょうか?普通の皮膚科とは違うみたいですがどのような治療をするのか確認しておきましょう。一般的な皮膚科であれば、保険が適応される治療を施します。火傷の後やシミなど、保険の範囲内の薬が処方されるのです。足の裏にできたウオノの目などの処置をするのも皮膚科の役割です。

それでは、「美容皮膚科」ではどのような診療が行われているのでしょうか?皮膚の状態を見ることにはかわりはありませんが、皮膚科よりも一歩先をいく治療を目指しているのが美容皮膚科です。保険ではまかないきれない最新医療がウリです。

シミやニキビなど、一般的な皮膚科ではなかなか治らない治療です。しかし、美容皮膚科では肌を根本的に見直す治療をすることで、肌トラブルが起こりにくくするための診療がおこなわれるのです。皮膚や角質の構造であるターンオーバーを上手に利用することで、肌の生まれかわりが変わってくるとも言われています。シミそのものだけを集中して治すのではなくて、その周りの肌全体のくすみをとることで、肌が明るくなり、シミも目立ちにくくなるのも美容皮膚科で行われている診療になります。




Comments are closed